COLUMN

EN | JP

私たちの Make-a-thon (メイカソン) とは?

issued: 2019 / 02 / 18

INFORMATION

ファブラボ品川ではともにつくり、ともに育むインクルーシブな社会を実現していくために一般社団法人ICTリハビリテーション研究会と連携して定期的にメイカソンを開催しています。
ここではメイカソン (Make-a-thon) とは何か概要をご紹介します。

Make-a-thon (メイカソン) とは、Make (つくる) とマラソンを掛け合わせた造語です。

「障害のある方やその支援者(Need Knower)」をメンバーに位置付け、
6〜8人程度のチームで試作品作りに挑みます。
ニーズの抽出からアイディア出しやデザインをともに行い、実際にものをつくり、プレゼンテーションします。発表するまで1日で行うものをミニメイカソンと位置付け、最大3日ほどかけて開催します。

つくり上げたデータは、ものづくりの物語とともにインターネット上でオープンにします。
時間と空間を超えて「つくる、試す、考える、つくる」の循環を再現し、育んでいきます。
2020年5月に80人規模・3日間での開催を目指し、各地で芽を育てていきたいと考えています。
テクノロジーを活用し、「日本でつながり」「世界でつながる」を実現します。

Make-a-thon | まずはともにつくる

福祉に役立つものづくりを、当事者を Need Knower としてチームの一員に位置付けて行います。
3D プリンタや IoT など、デジタルファブリケーションも活用します。
とことん、「その人のニーズを満たすもの」にこだわってつくります。
つくったデータと物語を、ものづくりとものがたりの統合プラットフォーム「Fabble (https://fabble.cc/)」で公開します。

Re-Design Café | 地域でともに育む

メイカソンで作った自助具が「データ」だから 場所や時間を超えて再現し育むことができます。
つくりっぱなしにしないで地域の方々と実際に検証しています。
メイカソンに参加できなかった障害の当事者の人々もこうした場でつくったものへのフィードバックをしながら新しいアイデアを一緒に模索します。
エンジニア、デザイナー、モデラー、ケアに携わる人々、近隣在住の家族など、みんなでつくり、試し、考え、つくる、サイクルを継続します。

ミッション

「共創」と「オープンイノベーション」

デジタルファブリケーション*
による「ともにつくり、ともに育む」
「データ」と「インクルーシブな地域社会」

Make a world better place
*デジタルファブリケーション:インターネットにつながったデジタル工作機械によるものづくり