EN | JP

「障害など困難を抱えた人々の「できる」を3Dプリンタと市民共創で叶えるサービス」が令和元年度 品川区社会貢献製品支援事業の製品に認定されました。

issued: 2019 / 07 / 01

ファブラボ品川/ハマナカデザインスタジオで展開している「障害など困難を抱えた人々の「できる」を3Dプリンタと市民共創で叶えるサービス」が品川区の令和元年度「社会貢献製品支援事業」の支援製品に認定されました。
今後、区のご支援もいただきながら、メイカソンなどを通じてより多くの市民の方々に自分で自分のものをつくり、それをシェアする可能性についてお伝えしていく所存です。

引き続きよろしくお願いいたします。

日本科学未来館での展示「ぴったりファクトリ」展の様子。3Dプリンタで製作した自助具が展示されている。

自分で自分のものをつくりだすイベント「メイカソン」に続いて開催されるプロトタイプ検証の場「リ・デザインカフェ」の様子